看護師としての意識を確認|医療事務の資格取れば将来の不安が無くなる
女の人

医療事務の資格取れば将来の不安が無くなる

看護師としての意識を確認

制服

意識の高さを図る試験

看護学校の面接では、すでに看護師の適性を確認すると言われています。面接における服装でも、ダーク系やグレー系の落ち着いたスーツにA4サイズの書類が入るブラック系のバッグ、ヒールが3〜5cm程度の黒系パンプスなどが理想的です。靴の汚れやスーツにほころびなどがないことを確認していくのも、これから看護師になるための行き届いた目を持っているのかを確認しています。髪は明るい色でもダークブラウンまでとし、爪も短く切っておくのは看護師の仕事を始めるうえで基本だと考えて構いません。看護学校の面接では、身だしなみからも意識の高さをチェックしていることを理解しておきましょう。外見は二の次という考えはない方が、面接に臨みやすくなります。

人柄の確認をする試験

看護学校の面接では、服装などの外見の他に看護師の適性がある人柄なのかを確認しています。面接で礼儀やマナーが身についている人だとわかれば、看護師になってから患者との関わりで問題が起こらないことがわかります。多くの患者と接することから、医療系スペシャリストでも接客業のような要素が求められています。そのため、印象の良い対応ができる人柄なのかも確認しています。看護学校に入学してから身に着けることはたくさんありますが、その土台となる人柄によって看護師としての可能性が大きく変わると言って良いでしょう。そこで看護学校の面接においても、看護師の採用面接レベルの内容になっていると考えて、怠りのない準備をしてください。