確実に資格を取るには|医療事務の資格取れば将来の不安が無くなる
女の人

医療事務の資格取れば将来の不安が無くなる

確実に資格を取るには

男性と女性

気になる国家試験の難易度

堅実な医療系の仕事ということで、近年人気が上昇中の理学療法士ですが、資格を取るためには国家試験にパスする必要があります。そこで気になるのが、国家試験の合格率でしょう。理学療法士の国家試験の合格率は、年度によって変動はありますが、だいたい70%台から80%ほどで推移しています。「なんだ、8割も受かるのか、だったら大丈夫だ」と安心しないでください。国家試験受験者の数は増えて来ており、毎年2,000人ほどの不合格者が出ているのです。3年間あるいは4年間も勉強して来て、資格が取れないというのでは、泣くに泣けません。そこで、学校を選ぶ時には国家試験の合格率をチェックしてみることをおすすめします。学校の難易度が高いからと言って、必ずしも合格率が高いとは限りません。しっかり国家試験にパスして、理学療法士の資格を取りましょう。

見逃せない国家試験対策

国家試験の難易度が気になる理学療法士ですが、学校によっては国家試験対策を行っているところもあります。「国家試験なんて、緊張してしまって」という方には、嬉しいサポートではないでしょうか。高校を卒業して、理学療法士になるための知識を身につけ、初めて臨むのが国家試験です。やはり、ほとんどの方は「一体どんな問題が出るのだろう」「どんな試験なのだろう」と気になってしまうことでしょう。それだけで緊張してしまう、という方も少なくないはずです。学校の中にはカリキュラムで国家試験対策を設けてくれている学校があります。確かに試験を受けるのはあくまで自分ですが、そうしたカリキュラムを受けるだけでも、精神的に落ち着けることでしょう。人気があるのも、無理からぬことです。様々な角度から自分にピッタリの学校を選び、憧れの理学療法士資格を手にしましょう。